トノサマバッタ

トノサマバッタ

バッタといえば、トノサマバッタでしょう。トノサマバッタは、バッタ目バッタ科に分類される昆虫の一種です。ダイミョウバッタ(大名飛蝗)とも呼ばれます。密度が高い環境で育ったものを群生相(集団相)と呼び、逆に密度が低い環境で育ったものを孤独相(単独相)と呼びます。この2つのタイプにも能力や身体に差異が生じますが、一般的によく見られるのは孤独相です。

トノサマバッタの姿

トノサマバッタの体長は35~65mmです。大型のバッタで、オスよりメスの方が大きいバッタです。トノサマバッタの前翅には茶色と白色のまだら模様があり、後翅はクルマバッタやクルマバッタモドキなどとは違って模様がありません。トノサマバッタは個体によって色に差があり、緑色型と褐色型の2つのタイプがあります。

トノサマバッタの多くいる場所

都会だと「草原」と呼べる地帯は激減を続けていて、実質的に平地の広大な草原は河川敷くらいしかないため、トノサマバッタの生息地も河川敷である場合が多いのが現状です。田舎等では、平地~低山地の日当たりのよいイネ科植物の多い草原に生息します。トノサマバッタは草があまり密集せずまばらであるか、丈がそれほど高くない所に多く生息します。

トノサマバッタの食べ物

トノサマバッタはイネ科の植物など、非常に多くの種類を食べることができ、多摩動物公園では草食動物用に大量にストックされているトウモロコシの葉及び近縁な牧草ソルガムを与えています。その場合、トノサマバッタはそれらの若い葉は食べようとしないそうで、トノサマバッタにとっての何らかの苦手な物質が含まれていると思われます。また、昆虫の死骸などもしばしば食べ、脱皮中で動けない同種個体を襲って食べてしまうことも少なくありません。トノサマバッタ…強いですね。

昆虫採集豆知識

トノサマバッタの産卵

トノサマバッタは年に2回発生します。トノサマバッタのメスは腹部を下方に折り曲げて土中に挿し込み、多数の卵が含まれたスポンジ状の卵塊を産み付けます。一化目のトノサマバッタのメスが夏の始めに産む卵は1ヵ月程度で孵化しますが、二化目が秋に産む卵は越冬して翌年春になってから孵化します。

トノサマバッタの飛蝗

トノサマバッタは中央アジアやアフリカなどで群生相が発生すると大群をなして移動するようになり、飛蝗(ひこう)と呼ばれます。飛蝗は田畑の作物を襲って1日程で全滅させてしまうこともあります。日本でも北海道などでこのバッタが飛蝗と化し、作物に大きな被害が出たことがありました。

蝗害

蝗害(こうがい)は、トノサマバッタなど相変異を起こす一部のバッタ類の大量発生による災害のことです。蝗害を起こすバッタを「飛蝗」「トビバッタ」といいます。また、飛蝗の群生行動を飛蝗現象と呼びます。蝗害(飛蝗現象)は農学上重要であるとともに生態学的にも興味深いため、多くの研究が積み重ねられています。

バッタによる被害

群生行動をしているバッタは、水稲や畑作作物などに限らず、全ての草本類(被害は紙や綿などの植物製衣服にまで被害が及ぶ)を数時間のうちに軒並み食べ尽くしてしまいます。当然、地域の食糧生産はできなくなるため、被害地の住民は深刻な被害がでます。大量に発生したバッタは大量の卵を産むため、数年連続して発生するのが特徴です。日本を含む大抵の国では、殺虫剤の普及により過去のものとなっていますが、アフリカ諸国など国土が広大で組織的な駆虫が難しい地域では、現在も局地的に発生し大きな被害を出しています。

群生相

バッタは蝗害を起こす前に、普段の「孤独相」と呼ばれる体から、「群生相」と呼ばれる移動に適した体に変化します。これを相変異と呼びます。

群生相のバッタの外見上の特徴

群生相のバッタの特徴は、

  • 孤独相に比べて暗色になります。
  • 翅が長くなります。
  • 足が短くなります。
  • 頭幅が大きくなります。
  • 胸部の上が孤独相は膨らんでいるのに対し、群生相はへこんでいます。
  • 触覚の感覚子の数が減少しているのが電子顕微鏡で見ると確認出来ます。

群生相のバッタの行動上の特徴

群生相の孤独相に対する行動上の特徴は、

  • 群生相の個体は互いに近づこうとします。通常、孤独相の個体は互いに離れようとします。ただし、孤独相のバッタも群れに入れると群生行動を共にします。
  • 産卵前期間が増加し、羽化後生存日数が減少し、産卵回数、産卵数が減少します。
  • 孤独相の時には食べなかった植物まで食べるようになります。

生態

バッタ科の雌は、産卵管を使って土や砂地の地下数センチメートルに産卵します。背の高い草が密集している場所での産卵は苦手で、近年北米で蝗害が減った原因の一つは、アメリカバイソンが減少して草の背丈が伸びすぎたためとも言われています。

群生相の増加率

サバクトビバッタに関する研究によると、群生相の方が産卵数は少ないですが、外敵に襲われにくいことから個体群増加(群の全重量増加)は速いといます。

蝗害の発生地域

大量に産卵が行われるには草原や河原の砂地などが必要で、蝗害は草原と耕作地が隣接しているような場所で発生しやすいといえます。また、群れを維持するためには大量の植物が必要で、日本のように狭い土地では蝗害はほとんど発生しません。

日本における蝗害

日本の古文献でも「蝗害」について報告されていますが、そのほとんどがいわゆる飛蝗(バッタ科)によるものではなく、イナゴ(イナゴ科)、ウンカ、メイチュウなどによるものと考えられています。狭い日本の土地では、バッタ科のバッタ(日本の場合にはトノサマバッタ等)が数世代にわたって集団生活をする条件が整いにくいため、飛蝗による蝗害は限定した時代・地域でしか発生していません。

蝗害を与えるバッタの種類

蝗害を与えるバッタの種類としては、バッタ科 (Acrididae) のうち相変異をするものです。被害が大きいことで有名なのは次の通りです。

和名、中国名 英名 分布
トノサマバッタのアフリカ種 African Migratory Locust アフリカ、大西洋諸島
トノサマバッタ、東亜飛蝗 Oriental Migratory Locust 東アジア
サバクトビバッタ Desert locust 北アフリカ全域~インド・希にヨーロッパの主に砂漠地帯
モロッコトビバッタ Moroccan locust アフリカ北西部からアジア[9]
ロッキートビバッタ Rocky Mountain locust 北米、絶滅
オーストラリアトビバッタ Australian Plague Locust 沿岸部を除くオーストラリア
アカトビバッタ Red locust アフリカ東部
ボンベイトビバッタ Bombay locust 西南~東南アジア

バッタ対策

バッタ対策としては、小規模な発生が起こった次の世代の発生を防ぐことが重要です。バッタが卵の時期には殺虫剤の効果が薄く、一方、成虫となって飛翔できるようになってからの駆除は困難なので、幼虫の内の駆除が必要です。そのため、まずは産卵地データの収集から始まります。

仮面ライダー

仮面ライダーはバッタをモチーフにしたヒーローとして有名ですよね。「仮面ライダーシリーズ」は、1971年より開始された石ノ森章太郎原作・東映制作による特撮テレビドラマシリーズのことです。

仮面ライダーの内容

各作品の内容は、主人公などが仮面ライダーと呼ばれる戦士に変身し、怪人と総称される敵と戦うというものです。しかし同じく東映が製作している特撮ヒーロー番組である「スーパー戦隊シリーズ」と異なり、仮面ライダーシリーズはフォーマットが確立していないといえます。そのためテーマや演出は作品によって様々なものがあります。

図鑑で見る昆虫の世界